Scroll to top

eスタジアム福岡について


enterforce - 2019年2月16日 - 0 comments

eスポーツ専用総合施設「eスタジアム福岡」を2019年2月15日(木)に福岡県福岡市中央区天神4-3-20ノース天神5Fにグランドオープンさせていただきました。

eスタジアム福岡は「eスポーツプレイヤーの総合的な拠点となること」を目的とし、PCメーカーイベント、コミュニティーイベント、パブリックビューイング、eスポーツスクールや学生リーグの開催を運営していく計画です。

店内のエリアは、ゲーミングPCをプレイしていただける「プレイゾーン」が21席、プロチームやゲストが使用する「ゲストゾーン」、そして、様々なイベントや配信に対応する「ステージゾーン」で構成されており、飲食可能な総合eスポーツ施設としてオープンさせていただきます。

一般のお客様がeスタジアム福岡をご利用いただく場合は、30分250円でゲーミングPCが使用でき、3時間パックで1200円、最大12時間滞在していただけるフリータイムは3000円となっております。(いずれも税別価格)

今後の展開と致しましては、eスタジアム福岡を最大で600平米の施設に進化させ、eスポーツが観戦できるアリーナの設立、最新のVRマシーンの設置や各種関連グッズの販売、eスポーツ番組を撮影配信ができるeスタジオの常設などを計画しております。

また、eスタジアム福岡をオープンさせていただくにあたり、本当にたくさんの方々、そして企業様に支えていただきました。皆様からご支援ご協力いただきました、eスポーツに対する「期待」と「希望」を真摯に受け止め、福岡、そして九州のeスポーツの拠点となれるように成長していきたいと思います。

eスタジアム福岡を通して、思う存分eスポーツに触れ、遊んでいただければと思います。

以上を本施設の説明とともに、皆様へのお礼の言葉と代えさせていただきます。

エンターフォース株式会社
代表取締役 社長 池田 浩士

Related posts